歩み寄る努力を怠らないのが夫婦円満の秘訣

結婚をしてから夫婦関係が怪しくなる原因は、よく言われる性格の不一致だけのことではありません。
お互いにするべきことはお互いの性格を把握すること、その人の生まれつきに変わらない性格を理解することです。
マイペースや寂しがりや、ルールが無いと不安な人もいますし、自己主張が苦手な人もいます。
生まれ付き決まっている性格は一生変わりませんし、無理に相手の性格を無理に変えようとしないことです。
秘訣はパートナーの変わらない性格を広い心で受け入れること、認めてしまうだけでもかなり夫婦関係は改善します。
相手の性格はおかしいと非難することなく、夫婦関係をよくして気分良く過ごすためにも、まずは性格を受け入れることです。
夫婦生活をもっとよくするためには、お互いのマイナス面を認めたうえで、何ができるかを二人で考えてみます。
浪費家と倹約家のカップルであれば、お財布を倹約家の方が握るなど、対策をすることです。
歩み寄る努力があることで、夫婦仲は改善していきます。