多様性によって姿を変化していくこと

恋人から結婚をゴールとするカップルを多いです。
しかし、その結婚も様々な形があり、多様性が生まれています。
必ずしも子供を生んで、主婦として生活することを選ばない女性もいます。
自らのキャリアを磨き、会社からのサポートや家族の協力を得て、出産を終えた後は子育てと両立しながら、働いています。
また、男性が産休を取り、子育てに協力することも珍しくありません。
子育ては、女性がするだけのものではなくなり、夫婦で協力して行うものだという認識が強くなっています。
また、働きたいと願う女性をサポートする企業も増えてきました。
自社で託児所を併設することで、結婚して出産をすることで、退社する人材を減らすことができます。
これは、働きたい女性と人材を手放したくない会社の思惑が一致した結果でもあります。
同時に増えてきた結婚のスタイルとしては、週末婚という普段はそれぞれの生活拠点があり、互いの時間が合った時に一緒に過ごすというスタイルです。

京都で骨董品・古美術品・絵画の高価買取なら【栄匠堂】

サニーライフ介護付有料老人ホーム  サニーライフ足立(東京都足立区)の入居費用料金、施設サービス概要

pfc 評判
PERFORMANCE FRICTION(パフォーマンスフリクションジャパン) PFCの評価・評判・口コミ

最新記事